2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Profile -生態-

  • Author:芋さん
    性格:自由気ままでマイペース。でも気弱。

    .REDさんのアナコンプレイに憧れ、アナコンプレイを最近始めました。動画とかも上げてますのでどうぞ見てやってください。ヘタクソですけどね。


    僕のアナコン動画 メルアド

時計

  • 時計
    ニコニコ動画の公式ガジェット「ニコガジェ(時計編)」

バナー

  • リンクの際はhttp://mukurou.cocolog-nifty.com/でお願いします。
    バナーが必要な場合はコレを使ってください。

BMSスキン

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月24日 (水)

いろいろ

今日は久しぶりの更新となったのでBMSの話は自粛していっちーのことを書きたいと思います。

デジカメ壊れちゃったし写真の一枚すら取れない体たらく。一体何してんだ僕。

最近なんだかいっちーは反抗的です。弱っちいくせにお気に入りの場所にいると口をガバァって開けて威嚇してくるんです。さらに手を近づけてみると噛んできます。痛くはないですけどムカつくのでそのまま両手でつかみます。掴み方?そんなのわしづかみに決まってるじゃないですか。

でもなんだかんだ言ってやっぱりかわいい。癒されますね。

さてではいっちーの話題はこれまで。お次はバンドのことについて熱く語りたいと思います。

最近「けいおん!」という深夜アニメがやっていて、それを友人がyoutubeで発見しました。
このアニメを見て「うおー、バンドっておもしろそうじゃん」的なノリで友人達とバンドもどき的なバンドを作ることになりました。友人Aがギター、友人Bもギター、友人Cがベース、そして僕がドラムです。

キーボード?はぁ?なにそれ、おいしいんですか?

ごめんなさい、キーボード弾ける人が周りにいないですorz

キーボードの代わりにギターが二人いるわけですがどう考えてもギターじゃキーボードの分は補えないです。

どうしようかなぁ、まったく。

それでは今日はここまでです。僕は今がんばって電子ドラム買おうとしてます。DTX対応のやつかったらMP3とかで録音してうpしようとか考えてたりするのでお楽しみに。そんなにうまいわけでもないですが。

それではっ!

2009年6月20日 (土)

真っ黒のフレーム

こんにちは。

2ヶ月くらい前にOA DX+の真っ黒フレームを作ってたの忘れてたのでうpします。
ちょっと面倒な導入方法ですが、こうしてください。
①まずLR2filesのThemeフォルダにOA_Darkというフォルダを作る。
②その中に下のファイルを全てダウンロードしてOA_Darkフォルダの中にぶち込む。
③LR2を起動してSYSTEM OPTIONにてスキンを変更する。

面倒くさいなぁヴォケとか思わないでくださいね。「面倒くさいなぁとか思ったら負けかなって思ってる。」的な精神で望んでください。

それでは以下を全てDLしてくださいな。

「parts.zip」をダウンロード

「CSV_CS.zip」をダウンロード

「font01.zip」をダウンロード

「parts_CS.zip」をダウンロード

「play_CS1P.lr2skin」をダウンロード

「play_CS2P.lr2skin」をダウンロード

「play_CSDP.lr2skin」をダウンロード

これを全てOA_Darkの中につっこんでください。

そんじゃここまでにします。それではっ!

2009年6月18日 (木)

スキン

こんにちは。

 今 回 も スキンの話。
僕は.REDさんが作られたスキンの色塗りをいろいろしてたわけですが、まだまだあきらめんとばかりにまたいろいろ色を塗ってました。洒落じゃないですよ(何

大体こんな感じで。
・フルコンエフェクトの本家色っぽいの(DJT EMP SIRIUSもどき)
・ボム(これは自作)
・レーザー(フルコンエフェクトのを縮小してそれっっぽいのにしたのとオリジナルと)
・フレーム(SIRIUSっぽいの。とりあえず本家っぽいのを)

ボムはまだ完全には出来てませんががんばってます。ていうかもう終わろうかな(ぉぃ
予定を変更して3つにしました。期待してた方ごめんなさい。誰もしてないと思いますが。

ではまぁ生存報告も兼ねた記事でしたのでここまでで。スキンはまた今度うpします。

↓↓↓↓↓ついでに.REDさんのサイト↓↓↓↓↓
ttp://analogmania.blog35.fc2.com/blog-category-3.html

なんだか最近AC WIDEフレームも作成されているようです。

それでは今日はここまで。それではっ!

2009年6月14日 (日)

BMSをはじめよう!

いつまでたってもこんな話題しか浮かんでこない芋です。

さぁ、今日は題名どおり「BMSをはじめよう!」てな話です。「興味ねーよカス」って思う人は読む価値は無いのでこの文章を読んでから5秒以内にブラウザを閉じてください。呪われますy(ガォンッ
ごめんなさい、嘘です。

さて本題に。

以前の記事でも書いていたと思いますがBMSってなんなの?って思う人はコチラをご覧ください。

僕がまずオススメするのはnazoとかDDRとかいろいろありますが、やっぱり「Lunatic Rave2」です。軽いしとにかく本家っぽいので本家からBMSに来た人も非常にやりやすいと思います。Lunatic Rave2(以下LR2)の特徴としては

①動作が軽い。故に低スペックでも動く。
②スキンが本家っぽい。
③イコライザーやピッチの変更などが出来る。(本家とかnazoでも出来ますが)

このくらいでしょうか。もっとありますがいろいろありすぎてちょっとまとめられません。とりあえずLR2のプレイ画像を。
Ss_7

どうですか?本家と結構似てるでしょう。それからスキンなどのカスタムが容易で、自由性があります。特にプレイスキンなどはネット上にそこらじゅうに転がってるので探したりするのも楽しみの一つですよね。

自由性といえば曲の増やし方。本家は元から入っている曲を増やしていく感じですが、BMSは自分で曲を入れればそれをすぐにプレイできるというすばらしいものです。がんばれば、J-POPの曲だってBMSでプレイできちゃったりするんですよ。そういう曲を探したりするのもBMSの醍醐味と言えます。
プレイするのも楽しいけど探したりするのも楽しい。それがBMSです。

とりあえず本体などのリンクを張ったり。

Lunatic Rave2 official site
ttp://lunatic-rave.com/

unofficial nazoBMplay
ttp://www.mnxnet.com/~manbow/nazobmplay/

Delight Delight Reduplication download page
ttp://homepage1.nifty.com/nickle/

BM98とかいろいろ
ttp://www2.pf-x.net/~bforb/hard2.html

ここからはスキンのリンク。

LR2専用スキン
OVER ACTiVE -accent vioret/verdant-
リンク:作者さんのKOZiRO氏の都合により現在DL出来ません。
作者さん:KOZiRO 氏
一言コメント:かなり出来がいい作品です。本家にかなり似てます。ニコ動とかでもよく使われてたりします。

OVERACTiVE DX+
リンク:ttp://analogmania.blog35.fc2.com/
作者さん:.RED 氏
一言コメント:KOZiRO氏の「OVERACTiVE -accent vioret/verdant-」をベースにさらに本家に近づけた感じの作品です。カスタム性が高く、ボムやフレームの色、さらにはレーンカバーまでもが変更可能に。

BLUE SKY2
リンク:ttp://blueskymelody.com/bmsskin.html
作者さん:七瀬 渉 氏
一言コメント:青空を基調としたさわやかな感じのスキンです。独特な感じでとってもGOODな作品と思います。

nazoBMplay/bemaniaDX専用スキン

跡地(閉鎖されたうpろだの跡地です)
リンク:ttp://thxskn.s57.xrea.com/
一言コメント:非常に多くのスキンがおいてあります。ニコ動などでもここのスキンがよく使われてたりしますね。「なぞ」と書いてあるところがnazoBMplayのスキンで「べまに」と書いてあるところがbemaniaDXのスキンです。おたまとか書いてあるところは気にしなくていいです。

このくらいでしょうかね。あ、僕はOVERACTiVE DX+の拡張スキン…というよりボムを作ってます。たぶんそれだけに対応してるかと。

ボム製作のほうはすこぶる手間取っております。まだ完成する見込みはなさそうですので今しばらくお待ちを。
それでは今日はここまでです。久々に長文書いたら疲れました。たぶんこれの第二弾もあると思うのでそのときをお楽しみに(しなくてもいいです)。

それではっ!

2009年6月10日 (水)

本格的に

皆さんこんばんは。
こんな時間に厨房が起きてるのもどうかと思います芋でございます。

しょっちゅうのことですが。

さて明日はテストです。しかも明日は僕が嫌いな国語・数学がそろってるのでもうだめぽな状態です。あんまり実感は沸いてないけど。

やっぱり今回もBMSの話。
テスト勉強も大事ですがやっぱりゲームのことも大事、スキン製作に1時間ほど没頭しておりました。スキンとかそんな大それたことじゃないですがまぁある意味「スキンのパーツ」ですw
あ、今更ですが僕が作ってるのは「ボム」ですy(殴

もう一つは製作完了してますので後は素材をいっぱい見つけて組み立てていくだけです。今のところ予定は5つ作る予定。今考えてるのは本家でいうと「撃墜」と「DistorteD」とかがあります。他なんかいろいろと。

まぁそのうちうpしますのでそのときをお楽しみに。

今日はここまでですかね。もう眠いです。その上明日テストですので早めに寝ないと体力持ちません。もう寝ます。
あ、それから僕アナコンプレイ始めました。今のところTwelfth style[H]をノマゲで越せるくらいです。冥[N]くらいはフルコンできます。まぁまだまだということで。.REDさんを見習わなきゃっ

ということでさようならっ

生存報告

今回は生存報告で終わりです。暫く更新してなかったので現状の報告を。

明日、テストです。それのせいで更新できなかったのもありますがやはり原因は

ng>ゲーm(黙

いわずと知れた恒例のアレですね。分からない方は以前の記事をご覧になってください。一秒でわかります。

ゲームなんかしてる場合じゃないなぁなんて思いながら勉強もがんばってます。テスト期間中「休みだぁーわぁーい」だなんてふわふわしまくってるなんて思わないでくださいね。こうみえても(どうみえても)結構点数は取ってくるほうなので。

…事故満足が滴り落ちてる文だったな、今の。

さて、テスト期間でヤヴェとか思ってるのもさておき、OA+のボムも製作に取り掛かっています。と言っても素材を手に入れただけですがあとで組み立てていく予定です。まぁ内容は内緒ということで。

生存報告にしては長い生存報告でした。それではっ!

2009年6月 1日 (月)

☆コントローラー☆

( ´・ω・`)ノみなさんこんばんは。

今回はBeatmania : BMS対応のコントローラーの話をしたいなぁとか思ったりとか思ってないとか。
とっ…とにかくこちらをご覧くださいっ!

※ほとんどKSC controller introductionさんから抜粋してます。悪しからず。

KSCコントローラー
価格:310000ウォン(価格変動によって変わるが約31000円くらい)
韓国のKKOO氏が製作してらっしゃるコントローラー。

オプション一覧(追加料金有り)
☆プレイサイド選択(無料)
1P:2Pどちらかを選択可能

☆DJNAME刻印サービス(無料)
指定したDJNAMEを刻印してくれます。場所はSTARTボタンと VEFX(SELECT)ボタンの間です。

☆LED電源用USBケーブル取り付け(無料)
PS2のUSBポートから鍵盤を光らせるための電源を引いてくるケーブルをつけます。日本ユーザー向けのサービスだそうです。
ターンテーブルのLEDライトはコントローラーをPS2に接続すれば光るそうです。要するにターンテーブルだけケーブルから電源引っ張ってこなくても光るってことです。

☆鍵盤・ターンテーブルのLED色変更(無料)
光るもの全て(鍵盤・ターンテーブル・STARTボタン・SERECTボタン)のLED色を変えます。色は青:赤:白:黄の中から選べます。
個人的にオススメは
ターンテーブル:青
鍵盤:赤
その他:赤
とかだったり。
あと、指定したところだけ色を変えることも可能だそうです。たとえば下の白鍵盤のところを右から白:赤:白:黄とかにするのもokだそうです。
なお、デフォルトではターンテーブルは白、鍵盤(START、SELECTボタン含め)全て赤です。

☆ハンドクッション装着(50000ウォン=約5000円)
コントローラーの手前にハンドクッションをつけます。見た目はアーケードにさらに近づいて手を置いたときに手首辺りにコントーラーの型がつきにくく(ry

☆アクリル版面取り加工(10000ウォン=約1000円)
鍵盤とターンテーブルの土台になっているアクリル板を面取り加工します。要するに作りが細かいところまで作られてるって事です。「そこまで見た目は求めない。俺はプレイだけで良いんだ。」って人はやらなくても良いかと。

☆ターンテーブルLED色切り替えスイッチ(30000ウォン=約3000円)
ターンテーブルのLEDを切り替えられるスイッチをつけます。このオプションを選択した場合、ターンテーブルのLEDを2色選んでください。

☆ターンテーブル素材アップグレード(20000ウォン=約2000円)
ターンテーブルの素材をアーケードっぽい感じのターンテーブルに変えます。素材は発泡ゴムだとか。
韓国ではアップグレードしたほうがイイ!(・∀・)という評価があるそうです。質感がアーケードっぽくなるほか、滑りにくくなるそうです。

☆マイクロスイッチ・ボタン交換用ギボシ端子(10000ウォン=約1000円)
マイクロスイッチやボタンを簡単に交換できるように端子部分をギボシ端子に変えます。
KSCを長く使いたい方はギボシ端子に変えることを推奨します。(by KSC controller introduction さん

☆マイクロスイッチをオムロン製マイクロスイッチに変更(25000ウォン=約2500円)
そのままです。鍵盤についてあるマイクロスイッチをアーケードと同じオムロン製のマイクロスイッチに変更します。ちなみに、在庫がある場合のオプションだそうです。

☆ターンテーブルステッカー純正版(50000ウォン=約5000円)
ターンテールブの中央に貼るステッカーをアーケードと同じ盛り上がった感じのステッカーに変更します。
ちなみにこれもまた在庫がある場合のオプションです。ターンテーブルのステッカーはたまにヤフオクとかにも売ってますのでそれを購入したほうが安くつくかも。

ちなみに…
デフォルト
310000ウォン=約31000円
全オプションをつけた場合
505000ウォン=約50500円
±195000ウォン=約19500円

この円換算は10ウォンを1円と換算したときです。今はたぶん円安ウォン高だったと思うので買いな時期だと思われます。

それではここまでで。またいつか更新しますので気長に待っていてください。それではっ!

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

Twitter